• — Business As Usual ー   ビジネス アズ ユージュアル
     
    みんな生まれたては まっ白 でも 真っ白でなんか いられません。
    生きていくことによって、汚れます。年月を重ねて、 すり減らして、
    消費して、真っ白から、汚れて、白じゃなくなります。
    それは、何でもそうです。 生きるってことは、汚れるってことです。

    それでもみんな 白を保ちたがる。

    美しく在りたい。 今の姿や形でなくて、何年か先のそれでは嫌だ。
    年月を戻したがったり、掘り返したくなったり。
    でも それは不可能である。
    なぜなら、生きていると、汚れるから。こすれて、白じゃない色になっていく。

    汚れて、灰になる。

    それは正しいこと。僕らは 灰に向かって 一直線である。 それは美しいこと。
    灰になるのは嫌ですか?未来が灰なのは、怖いですか? それなら黒は?
    黒が待ってるでしょう。 じゃあ 灰は まだ途中なんだって。そうゆうコトにしたい。
    でもみんなそうだ。人間って絶望して、 惰性を伴って堕ちることもできるし

    希望に満ちあふれ、まっすぐ、まっとうに生きるコトもできるよ。
    人間はそういう二つの"間" 的なものだ。

    灰を誇りたい。